| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪の便りちらほら  15  生きる・・③


世の中には色々な学習の場所があります。大勢の人々が学んでいます。「人はどうあるべきか、平和とは、人生とは、親子とは。愛とは・・」だが私などテキストの通り、出来たためしがありません。映画「アナと雪の女王」の中で「愛とは人の為につくす事・・」あの優しいオラフの言葉が全てを語っていると思いました。人の為に何ができるか・・今日も考えています。写真・安曇野から見えた夕焼け」
スポンサーサイト

| 雪の便りちらほら | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の便りちらほら  14  生きる・・②



人生最後の時は自宅で迎えたい・・そんな願いを持っている方々がいる反面そうは行かない人々もいます。私のところも、一緒に居たくても家庭の事情が許しません。情けないとは思いながら介護施設で過ごしてもらっています。以前は在宅で介護をしていましたが、仕事が全くできず心身ともに辛い毎日でした。今は施設にお世話になっていますが・・でも「最後は自宅で死にたいと願う」そんな心を殺してか、会いに行くと母は笑ってくれます。母さんすまないね・・心の中でお詫びしています。ちなみに母は94才です。
写真・松

| 雪の便りちらほら | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の便りちらほら  13  生きる・・



母のお世話になっている施設に行って色々な方に会った。その顔はシワでも生き抜いてきたという満足感に満ちていた。ある作家が「生きていく苦労は尽きなくても生きることに感謝できる人は幸せになれる」と書いていた。ある婦人は「人を励ますのが生きがいだ」と言っていた。皆で励ましあって生きる・・これが大切。今年も私など励まされっぱなしだった。果たして自分は・・
写真・冬の準備の国宝松本城

| 雪の便りちらほら | 09:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の便りちらほら  11  ここで選挙・・



また良くわからない選挙が始る。国民に何の信を問うのか。外交と防衛か、税金と日本経済か、老人福祉と子供福祉か、政治と悪銭のみそぎか・・毎回思うが地元の立候補予定者からは政党や幹部に気を使うためか、国民の為の政策の本音は何も聞かされない。政治家になれば給料などに数千万の銭が動く、そんなところを狙ってのお祭りか、疑いたくなる。選挙に八百億円を使うのなら、かなりの福祉政策を実現できるであろうし、政治の原点はやはり「一隅を照らす心」であろう。国民は皆な願っている。本当に日の当たるところでの生活の安定を。
写真・寒い山

| 雪の便りちらほら | 10:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の便りちらほら  10  いよいよ冬か・・



いよいよ山に雪が来ました。今朝は寒かったですね。しかしこれを越さなくては次の春は来ません。何だか人生の幸せを求めて繰り返し流れているかの様ですが。歳が明けると私の母も九十四歳になります。長生きして欲しい反面、しきりに「早く死にたい」という母の心の中が心配です。生きるとは大変な努力が要ることなのですね。
写真・安曇野暮色

| 雪の便りちらほら | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。