FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の雄叫び  9  釣鐘の喩え

11269521_796895353751968_1168841985430630050_n.jpg

何歳になっても夢と希望と願望は尽きませんが、今まで叶えられたことは一度もありません。仏法者の故戸田城聖は釣鐘に例えて「釣鐘を楊枝でたたくのと箸でたたくのと撞木でたたくのとは音が違う。同じ釣鐘も強く打てば強くやわらかく打てば優しく響く。人生も己を信じ精魂こめて実践すれば必ず事は成就するものだ」と教えています。私は釣鐘を強く打ってきたか・・やはり甘いのだと感じています。
写真・安曇野の水郷

| 夏の雄叫び | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の雄叫び  8    リンゲルマンの効果 

11268347_796558917118945_7963720082698266870_n.jpg

物事に当たって人が増えるほど一人当たりの力は落ち混乱を生じてしまうことが多い。これは「リンゲルマン効果」というそうだが、これと無縁の組織、会社は少ないだろう。怖いのは「あの人がやってくれるであろう」とする依存意識だ。さりとてワンマンも戒められるべきだ。自分も散々失敗してきた。今も人との交わりで一番難しいところである。自戒をこめて・・
写真・古城の石積み

| 夏の雄叫び | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の雄叫び  7   染色体の中の十七番目には乳癌の因子があります・終

10423927_795684840539686_4526838884575262061_n.jpg

私達の染色体の中はどうなっているのでしょうか。少しだけ覗いてみましょう。
染色体の中の17番目には乳癌の因子があり21番目にはアルツハイマーとダウン症候群の因子が組み込まれています。しかし染色体のP53にはそれらを抑制する遺伝子が組み込まれています。つまりこれらの絶妙なバランスが病の発症を抑えているのです。DNAとRNAの健康細胞は日々分裂を繰り返し病の細胞を取り除き発症を抑えています。全身の細胞が新しく生まれ変わるのは約200日。しかし新陳代謝が促進されないと、二十歳を越えたあたりから病の要因を蓄えていきます。そしてDNAとRNAの中にある栄養素、核酸が不足状態になるとついには老化がすすみ、あらゆる病を発症していくのです。役に立ちましたか・・
写真・マーガレット

| 夏の雄叫び | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の雄叫び  6  どうして病気になるのか・病気を作る活性酸素i②

11150493_794302037344633_7663356407739303548_n.jpg

病気を作る活性酸素は、私達の消費している酸素の2%に過ぎませんが私達の病の元なのです。活性酸素はストレス、電磁波、紫外線、残留農薬、排気ガス、医薬品、食品添加物(私達は年間にバケツ1つ、4kgも食べているのです)、放射線、喫煙、ウイルス、病気、運動不足、寝不足、過剰運動、暴飲暴食などにより生まれてきます。これらの活性酸素が健康な細胞を傷つけ破壊して病の元を作っているのです。DNAやRNAは核酸という栄養素を細胞の中に貯めて核内酵素を造り遺伝子の修復や破壊されて不要になった遺伝子を外に出して(アポトーシスといいます)くれるのです。しかし加齢と共にこの活動が弱まってくるのです。果たして・・
写真・アジサイ

| 夏の雄叫び | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の雄叫び  5   どうして病気になるのか ①

11206100_793552400752930_6526188759147654423_n.jpg
連休が終わりまた元の生活が戻ってきました。皆しぶしぶ仕事に行く姿が想像できます。さて、私達はどうして生活を妨げる病気になるのか、考えたことありますか。それは私達の健康な細胞が活性酸素により壊されてしまったからです。そして壊れた細胞は取り除かないとそのまま分裂を繰り返し、癌を始め糖尿病、肝炎、アルツハイマー、ダウン症などなど、大人でも子供でもみさかいなく病を発症するのです。20歳前後には60兆個あった細胞も歳と共にどんどん減っていきます。ただでさえ少なくなっていく健康細胞が活性酸素によって壊されて病にかかるのは何と辛いことでしょう。
写真・農作業も元気だからこそ

| 夏の雄叫び | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT