FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと気分転換 110 昭和59年の農業構造調整って良かったのか?



1983年(昭和58年)この年は「おしん」がブームだった。この年に時の首相中曽根と米国大統領レーガンの合意によって日米財界からなる諮問委員会がつくられ、翌84年(昭和59年)に日本農業の構造調整と称して日本農業は集約的な野菜栽培、果樹栽培、養豚、養鶏、花卉栽培などに力を入れて採算のとれる農業を営むことを提言し穀物類はアメリカから輸入する方向にすべきとする答申が出された。時の政府は日米間の政策協調の基に(アメリカの言うなりか)日本の農業の生産基盤や構造を改善してそれまでの日本農業を大きく転換してしまった。これにより日本の農業は変則的農業にされてしまったと思うのだが・・
写真は私の桜咲く散歩道
スポンサーサイト



| ちょっと気分転換 | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://roppei125.blog12.fc2.com/tb.php/370-46088c1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT