FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと気分転換 111 輸入肉始末記



1988年(昭和63年)この年はわが国はエイズ問題が大きく浮上して大政治問題化した年でした。そしてこの年に牛肉の輸入自由化が宣言されました。1977年にアメリカの上院で、マクガバン報告なるものが、栄養問題特別委員会に提出されました。「アメリカの食肉中心の食事は成人病になるから野菜や果物などを中心にした食生活に切り替えるべきであると・・」そしてそのまま採用、その結果その後の10年間で全米で年間1人当たりの肉の消費が10キロ以上減りました。ところがアメリカもしたたかです。
その余った肉の輸出の矛先を日本に向けたのです。以来わが国は肉が増えに増えて2001年時点で、1人当たり年間消費28キロ、と1965年(昭和40年頃)の3倍以上に膨れ上がったのです。やがて栄養過多になった日本に成人病(生活習慣病)が大きく出現してきました。後は皆様方の知るところですね。肉は美味しいけど程々じゃないかな・・
写真は物思いにふける人、春の諏訪湖の風景です。
スポンサーサイト



| ちょっと気分転換 | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://roppei125.blog12.fc2.com/tb.php/371-ed260c1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT