FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

六ちゃの独り言シリーズ 34 クローン③



クローン、卵子から核を抜き取ってコピーしたい牛の体細胞を入れ、細胞は分化して目や皮膚などが出来る・・正常なクローン牛を誕生させるにはこの分化した細胞の総ての遺伝子がどんな役割の細胞も正常な細胞になることが大切なのだそうです。でも現在の段階ではこの技術がまだ確立していないので死産が多いといいます。体細胞クローン牛は通常の2倍近い体重で生まれてくる場合が多くこの原因も解ってはいないそうです。(アメリカでは2003年4月にクローン技術で絶滅危惧種のジャワ野牛が生まれましたが、通常の1.6倍もの体重があり自力で立ち上がることが出来ず安楽死させられた、という事例も報告されています)また、上手に生まれても老化が早いことや寿命が短いこと、病気に弱いことなど問題が山積しておりこの原因も現在研究中だということです。クローンは現在はまだ問題が多いですね。
写真は私の好きな花カイドウです
スポンサーサイト



| 六ちゃの独り言シリーズ | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://roppei125.blog12.fc2.com/tb.php/412-e1e4ac9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT