FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春の訪れ 28 怖いタバコのお話の続き

12832325_942340585874110_7788417092567670969_n.jpg
各種の資料によると、タバコといえばタール、よく壁紙やカーテンが黄ばんでいたりしますが、これはタールによるものだそうです。タールは目に見えない細かな粒子で、ベンツピレンやアミン類など聞きなれない大量の発がん性物質が含まれていて1日1箱、毎日吸っている人は、年間でコップ1杯分のタールを飲んでいることになるそうです。この他にタバコには一酸化炭素も含まれていて運動能力を低下させたり動脈硬化など誘発するそうです。医学誌『ブリティッシュ メディカル ジャーナル』に掲載された研究(2012年)では、タバコ1本吸うごとに、14.4分も寿命が短くなると発表されました。タバコ1箱を吸うと約5時間も寿命が縮まることになります。怖い怖い・・そしてタバコによる影響は個人の健康のみならず社会全体にも大きく悪影響しているのです。写真・アネモネの花
スポンサーサイト

| 春の訪れあれこれ | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://roppei125.blog12.fc2.com/tb.php/918-f06132fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT