FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春の訪れ 30 温泉に行こう②

1496528_943514669090035_4156539802316663462_o.jpg
信州の温泉のお話をしていますが小谷温泉や渋温泉は湯治の為の温泉として昔から栄えてきました。現代は余り聞きませんが湯治というのは昭和の初期まで農家の人々が農閑期になると疲れた体を癒す為に米や味噌、野菜や魚の干物や乾物などを背負って1ヶ月から3ヶ月位、温泉治療をしながら過ごしたのです。湯治は春の湯、土用の湯、秋の湯そして寒の湯とそれぞれの季節に応じて過ごしましたが、何といっても寒の湯が一番効いたといいます。神経痛、関節痛、打ち身、打撲など日に何回も入って療治をしたのです。温泉でも秘境と呼ばれて特に治療効果の高い温泉は山中深くにありました。有名なところでは「ほっぽ温泉」「熊の湯」「白骨の湯」「万座草津温泉」「秋山郷の温泉」など、そこは冬場になると人も寄せ付けない豪雪地帯でもありました。信州の人々はこうした温泉を大切にしてきたのです。蛇足ですが昔からこれら何処の温泉も混浴でした。薬用や湯治の為には男も女もありませんでした。現代でも温泉の効能は良く知られています。この季節、温泉は大いにお勧めです。
 写真・まもなくこんな季節に・・
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://roppei125.blog12.fc2.com/tb.php/920-9b1e9808

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。